病院勤務の方に!医師の名刺作成

公開日:  最終更新日:2016/11/30

%e5%8c%bb%e5%b8%ab

病院勤務の方に!医師の名刺を作成する上でのポイント

内科医にしても外科医にしても、病院内で名刺交換をする頻度は営業職と比べると少なくなっています。

しかし、「名刺を作成してはいけない」という決まりは特にありません。

病院の指示によって異なるので一概には説明できないものの、患者さんから信頼感を得るために名刺を作成しておくのは選択肢の一つです。

そこで、医師が名刺を作成する上で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

医師だと分かるデザインを使う

名刺は自分の顔ともなり得る存在なので、医師だと分かるデザインを使って作成するのがコツです。

・病院のロゴやイラストを余白部分に加える
・白衣や注射器などの画像を入れる
・内科医は聴診器、歯科医師は歯のイラストを入れる

アットホームさを出して患者さんへと安心感を与えるためにはイラストや画像が欠かせません。

文字だけの名刺だとシンプル過ぎて医師が名刺を配る意味がなくなってしまうので、デザインの配慮などちょっとした心遣いが大事なのです。

肩書きをしっかりと記載する

自分がどのような医師なのか患者さんへと伝えるには肩書きが必要となります。

・医学部長
・病院長
・主任教授
・特任教授
・准教授
・助教授
・医員
・研修医

「肩書きが上=名医」とは一概に説明できないものの、少しでも自分の情報を伝えて信頼感を獲得する努力をしましょう。

医師の名刺を作成できるおすすめのサービス

このページでは、医師の名刺を作成するのに適したサービスを幾つかご紹介しています。

スピード名刺.jp

スピード名刺.jpではシンプルながらも誠実なイメージを与えられるデザインの名刺作成が可能です。

お医者さんや大学病院へと勤める方から好評で、歯科医師にピッタリのデザインも用意されています。

他にも、スピード名刺.jpにどのような特徴があるのか見ていきましょう。

・注文日の翌日に出荷となるので名刺を入手できるまでの納期が短い
・午後12時までのオーダーで当日出荷にも対応してくれる
・厚口ケント紙や半光沢特殊紙など多種多様な用紙から選択できる

用紙の選び方一つで名刺のイメージは変わるので、どれが自分に合っているのか考えてみてください。

リキッドエナジーインク

リキッドエナジーインクでは病院へと勤める方に合わせたデザインのテンプレートが数多く用意されています。

・整形外科医名刺デザイン
・産婦人科医師名刺デザイン
・消化器系医師名刺デザイン
・皮膚科医名刺デザイン
・放射線科医名刺デザイン
・呼吸器科医名刺デザイン
・眼科医師名刺デザイン

一口に医師と言っても職種は様々ですし、自分の対応する科に合わせた名刺を作るためにリキッドエナジーインクを利用してみましょう。

PAGE TOP ↑